車の内装リペア 横浜キャリン

BMW E90アルピナB3ハンドル補修修理

BMW E90アルピナB3ビターボ・リムジン BMW E90アルピナB3ビターボ・リムジン
千葉県S様
当時のオプションだったLAVALINAレザーのハンドルを中古で購入されたそうですが、思いのほか状態が悪く、Dニコルにも相談しましたが金額的に厳しかったそうで、そんな中
BMW/E46アルピナB3 3.3 BMW アルピナB3 3.3
ステッチ入りステアリングの事例をご覧頂き、早々に当キャリンへご依頼頂きました。

施工場所:横浜市磯子区内 提携作業場
所要時間: 6時間・ご予約の上、当日仕上げ

アルピナ・ハンドルの補修塗装 (ビフォーアフター)

お客様いわく「ヌバック状になっています」との通り、写真で見えるより表皮の傷みが激しく
部分的には革の床面(裏側)状態になっていました。

下地処理:
  1. ザラザラ他、摺れをペーパー掛け
  2. 革レザー補修液を塗りこむ → ペーパー掛け
  3. 傷の埋まり具合確認しながら、上記工程を繰り返します。
通常のハンドルの補修の場合、この工程を2〜4回程度繰り返せば、大抵は綺麗になりますが、今回は革の劣化が激しくペパー掛けで革が裂けてしまう可能性もあるので、慎重に少しづつ摺れを直し、通常補修より手間・時間を掛けています。

アルピナ・ハンドルの補修塗装 アルピナ・ハンドルの補修塗装後
下地処理後、最後に塗装して完成です。アルピナカラーのステッチを慎重にマスキング塗装する際も、
マスキングの僅かな隙間から誤色が入らない様に慎重に塗装致しました。
アルピナ・ハンドル補修塗装 アルピナ・ハンドル補修塗装後
アルピナ・ハンドルの補修 アルピナ・ハンドルの補修後

他、アルピナのステッチ入りハンドルの補修修理事例です。(写真クリックで移動)
BMW/E46アルピナB3S 3.4
BMW E46アルピナB3S/3.4クーペ

BMW/E39アルピナB10 V8
アルピナB10・V8