車の内装リペア 横浜キャリン

マセラティ・クアトロポルテ 内装ベタベタ他

マセラティ・クアトロポルテ マセラティ・クアトロポルテ
東京都T様
・シート、ドアパネル他のレザークリーニング
・運転席革レザーシートの補修〜同色再塗装
・エアコン周りのパネル他、樹脂パーツのベタベタ
の補修のご依頼です。
施工場所: 提携作業場
所要時間: 4日間お預かり

マセラティ オーナー様 必見!
マセラティ・クアトロポルテ ※ 本事例をご覧頂いたマセラティのオーナー様で、特にベタベタ・ベトベトでお困りのオーナー様も多く、同事例などで多数のご依頼を頂いております。
(写真クリック移動) パネル・スイッチ類全般にも及ぶ事例です。

レザークリーニング(ビフォーアフター)

まず革レザーパーツ全体のクリーニングです。
分かり易い様に半分に仕切って比較クリーニングしました。
綺麗な状態でしたがそれでも、1トーン位色が明るく綺麗になります。
その後、運転席の細かい摺れ傷等をピックアップ補修〜同色へ再塗装に入ります。
レザークリーニング
革レザークリーニング

革レザーシートのひび補修(ビフォーアフター)

写真では分からないですが、真近で見ると全体に細かいひび割れが多数あり、
全体の摺れ・ひび割れを消して行きます。

  1. ひひ割れをサンディグ(ペーパー掛け)
  2. 革レザー補修液を塗りこむ → ペーパー掛け
  3. 傷の埋まり具合確認しながら、この工程を繰り返しました。

革レザーシートのひび補修 革レザーシートのひび補修後
最後に、現物に合わせ革レザー専用塗料で色を作成し、
艶加減も調整しシート全体を塗装し完成です。
センターコンソールも同様に部分的に補色・塗装致しました。
レザーシートのひび補修後

パネル類のベトべト剥離・塗装(ビフォーアフター)

樹脂・プラスチックパーツのベタベタ・ ネバネバの補修のご依頼です。
このベタベタは樹脂・プラスチック地の上にゴム・ラバー系の塗料が塗装してあるのですが、
この塗装が経年他で劣化し 溶け出してしまいべト付き出します。

まず、センターコンソール部です。
特に蓋の取っ手の部分のベタ付きが酷く、普段の開閉で触る部分なので
見えないヶ所までベタ付かない様処理致しました。
施工後はサラサラな手触りになります。
センター・コンソール補修 センター・コンソール補修後
ドア・ミラー周りも同様に、ベタベタが埃を吸着している状態でした。
ドア・ミラー周り補修 ドア・ミラー周り補修後

ハンドル・スイッチ周りベタベタ(ビフォーアフター)

ハンドルのスイッチ周りです。ベタベタを剥離してから塗装します。
ハンドル・スイッチ周りベタベタ補修 ハンドル・スイッチ周りベタベタ補修後
ハンドル・スイッチ周りベタベタ補修塗装後
左矢印のスイッチ部文字・マークが入ってる部分は
塗装してしまうと文字・マークまで消えてしまいます。
※写真・データとらせて頂ければ、
シールを作成し再現いたします。

今回はこの部分はお客様とご相談の上
剥離のみにしました。

他、ステアリングの革レザー部の摺れも合わせて
補修・再塗装致しました。

エアコンパネル周りのベタベタ(ビフォーアフター)

エアコンの送風口・パネル周りです。
上記のハンドル・スイッチ周りと同様に剥離後に再塗装、
こちらは以前、施工させて頂きましたマセラティ・クーペのシールが
有りましたので代用させて頂きました。
エアコンの送風口・パネル周りベタベタ補修 エアコンの送風口・パネル周りベタベタ補修後

リモコン・キーの塗装・ペイント(ビフォーアフター)

所々、塗装が剥がれてしまっていました。
こちらは、下地処理後にウレタン塗料で塗装、ピカピカの仕上がりになりました。
リモコン・キーの塗装・ペイント リモコン・キーの塗装・ペイント後


クアトロポルテ レザーシート塗装

マセラティ・クアトロポルテ マセラティ・クアトロポルテ
川崎市A様
U-Carで購入されたばかりだそうですが、
内装パネル・スイッチのベタベタ・ベトベトも多数あります。
まずは、シート他の革レザー部が変色している?ので、綺麗にして欲しいとのご依頼です。

施工場所: 横浜市戸塚区内・提携ピット
所要時間: 3日

革レザーシートの現状確認して見ると・・・
変色している?との事でしたが、確認して見ると塗装された痕跡がありました。
しかも色味も元色と違い綺麗に塗れておらず、シートのセンター部は塗装されているのですが、
左右のサイドサポート(横の出張部)は塗装されていないツートーンカラー状態でした。

革シート他 レザー再塗装(ビフォーアフター)

まず運転席です。 旧塗装を剥離後にシート全体のひび割れ・摺れ等の傷を直して、
最後に革レザー専用塗料で塗装して完成です!!
革レザーシートのひび塗装 革レザーシートのひび塗装後
色はもちろん、艶加減も現物に合わせ調整・作成しています。
市販塗料の様にミョーにテカッたり・如何にも塗りました感もなく自然な仕上がりです。
レザーシートのひび塗装 レザーシートのひび塗装後
助手席も同様です。
革シートのひび塗装 革シートのひび塗装後

センターコンソール・蓋もシート同様に塗装されていましたが、
隅々まで塗装されておらずマダラな状態でした。こちらも旧塗装を剥離・再塗装します。
センターコンソール塗装 センターコンソール塗装後
ハンドルも同様で、スポーク部の付根や裏側まで塗装されていませんでした。
裏側・隅々までしっかりステアリング全体を塗装しました。
ハンドル塗装 ハンドル塗装後

スイッチ・パネルのベタベタ剥離 (ビフォーアフター)

ライトスイッチ周りのベタベタ・ベトベトです。
かなり劣化が進んでいて水飴の様に溶け出している部位もありましたが、
施工後はベタ付もなくなり手触りもサラサラになります。
スイッチ・パネルのベタベタ剥離 スイッチ・パネルのベタベタ剥離後
今回のベタベタ施工は最小限でしたが全体に及ぶ事例もあります。 ↓ ↓


ベタベタにコーティング剤は厳禁(ビフォーアフター)

他、お車の事例ですがナビ周り、更に下のスイッチに
樹脂・プラスチックのコーティング材を使用した処、余計に状態が悪化して
ベタベタが溶け出し途中で固まり劣悪な状態になっていました。
他、艶出し材等も悪化してしまう場合がありますのでベタベタ部への使用は避けて下さい。
ベタベタ・コーティング剤施工 ベタベタ・コーティング剤施工後
ベタベタにコーティング剤施工 ベタベタにコーティング剤施工後

マセラティ オーナー様 必見!
マセラティ・クアトロポルテ ※ 本事例をご覧頂いたマセラティのオーナー様で、特にベタベタ・ベトベトでお困りのオーナー様も多く、同事例などで多数のご依頼を頂いております。
(写真クリック移動) パネル・スイッチ類全般にも及ぶ事例です。